2015年10月 1日 (木)

ネアンデルタール人は私たちと交配した

スヴァンテ・ペーボ【著】野中香方子【訳】文藝春秋刊
先日、上野の科学博物館で開かれていた。生命大躍進展を見てきました。
内容はというと、確かに珍しい化石は有ったのでしょうが、あちこちに置かれたモニターで流しているのはNHKスペシャルで放送された番組ですでに見たものですし、バージェス頁岩の摩訶不思議動物はすでに本で読んだもので、正直これで1600円の入場料はボッタクリではないかと…。どうせなら三葉虫なりアンモナイトなり深く掘り下げた化石展示が見たいと思いました。
ミユージアムショップで売っているパンフレットも後半のテキストは読みたいと思いましたが、どうでもいい前半の画像のために2600円も払う気はしませんでした。それでもショップの奥の方にあったやる気の無さそうなBOOKコーナーで目を引いたのがこの本です。
ショップでは購入しなかったのですが、どうにも気になって、後日近所の丸善で購入しました。意気込んで読み始めましたが内容は、Amazonなどのレビューでもあるとおり、どちらかというと自伝的な内容で、主として1984年から近年にかけてのゲノム解析の技術革新が詳しく描かれています。それはそれでエキサイティングな内容でした。表題にあるようにネアンデルタール人と古代の現生人類が交配したかについて書かれているのはかなり後のほうになります。
DNAの解析の結果現生人類がネアンデルタール人のゲノムを持っているのは確かなようです。Amazonで調べてみると関連書籍も多数あるのでこちらも読みたくなりました。

2015年6月25日 (木)

終局のエニグマ

Eniguma
/J・P・ホーガン[著];小隅黎訳. - 東京 : 東京創元社,1989. - 初版 ; 文庫. - (上)ISBN4-488-66308-7 C0197/(下)ISBN4-488-66309-5 C0197

1987年に発表されたJ・P・ホーガンの長編小説です。舞台は2016年、アメリカ・ソ連(現・ロシア)間の冷戦がまだ続いていると言う設定です。

西側のSDIシステムにより核の優位さを失ったソ連はアジア各国の離反、東欧圏での反ソ潮流の進展により、崩壊の危機を迎えていますが、にもかかわらずソ連は平和利用のためだとして、2017年革命100周年記念日までにスペースコロニーを完成させようとします。

しかし西側ではこれを隠れ蓑として実際には巨大なX線レーザーが軌道上に配備されることを疑っており、2人のエージェントを送り込みます。

「星を継ぐもの」シリーズとはずいぶんと雰囲気が違うので途惑いました。KGBや強制収容所の描写などスパイ・サスペンスのようで、「?」と言う感じでしたが、お得意の科学的謎解き→どんでん返しは健在で、ころりと騙されました。

実際には本書が発表された5年後(1992年)にソ連は崩壊したのですが、あのまま冷戦が続いたとすればあながちフィクションでもなくなっていたかもしれません。恐ろしいことです。

ところで、ホーガン氏が5年前(2010年)に亡くなっていたのをはじめて知りました。まだ69歳だったと言うことで本当に惜しいことです。

週間アスキーの休刊

先日図書館の雑誌コーナーを見ていたら、いつも週間アスキーが入っているラックに「週間アスキーは5月26日号で休刊しました」と張り紙がしてありました。Webで調べたところ、印刷版は休刊して今後は「完全ネット/デジタル化」で電子版オンリーになるということでした。読者のほとんどというか全部は閲覧環境を持っているでしょうし、IT関連の情報は新鮮さが命ですから、必然ということかもしれません。

2015年6月17日 (水)

僕は長い昼と長い夜を過ごす

Nagaiyoru_3

小路幸也著 早川書房 2012.12 3刷

この小説ですが前に一度読んでいたんです。ストーリーはまったく覚えていなかったのですが、読んでいくうちに「あれ?」と思って最後まで読んでから「そうだったな」と思い出しました。そういえば前にも一度小路幸也の同じ本を読んでしまったことがありました。
全然記憶に残らない・・・いいのか悪いのか?

小路幸也といえば「東京バンドワゴン」が代表作です。何回読み返しても新鮮でストーリーは覚えているんですが・・・雰囲気を読む本と言うのでしょうか、何回読んでも飽きないというのは、音楽を聴くのにも通するものがあります。好きなアルバムを通しで聞く感じですね。

巨獣めざめる

Kyojyuu ジェイムズ・S・Aコーリイ 早川書房 2013.4発行

上下2巻ですが「長い!」というのが第一印象です、疲れました。これだけで長編3部作くらいの内容だと感じました。

世界観はラリー・ニーブンの「ノウン・スペースシリーズ」に通ずるものがあります。
戦闘シーンがかなりリアルに描写されていて、ハインラインの「宇宙の戦士」とか「終わりなき戦い」を彷彿させます。グレッグ・ベアの「ブラッドミュージック」もちょっと入ってるかな?

ただ、いわゆるセンスオブワンダーというのがないと言うのか、意外性がなくて地味なんですよね、続編もあるらしいですが、読みたいかと言われると正直、「微妙」ですね。

2015年6月13日 (土)

古書 傳奇堂改装完了です。

オンライン古書店 傳奇堂、新装オープンです。新たにタブレット、スマホにも対応しました。
ウィリアム・ギブスン、ハインライン、チャールズ・シェフィールド等の入手困難なSF本もあります。ぜひ一度アクセスしてみてください。

2015年6月 1日 (月)

凍りついた空

Sfa0001_2

『凍りついた空−エウロパ2113−』ジェフ・カールソン/中原尚哉訳/2014/東京創元社

木星の衛星エウロパの氷の下に液状の海があり生態系が存在することが確認され、各国からなる調査団がエウロパに派遣されます。

一方先にエウロパで予備調査を行っていた主人公、女性科学者ボニーを含む調査隊は本隊の到着を待たず調査を始め、知的生命体の存在を示す壁画を発見をしますが、不測の事故で主人公の女性ボニーを除いてチームは全滅し、ボニーも重傷を負い、さらに壁画を描いたとおぼしい謎の生物の追撃をうけます。

からくも地上にのがれたボニーですが、謎の生物がはたして知性を持っているのかを巡って調査団本隊と意見が対立し、独自に調査を進めます。各国の調査団のあいだもきな臭くなっていく中、必死にコンタクトを試みるのですが…。

2015年5月31日 (日)

SFマガジンが隔月刊になりましたね。

いまさらですが、SFマガジンが隔月刊になりましたね。
そういえば最近早川書房の翻訳ものが元気無いと思いませんか?なんだか改訳版とか決定版とか新装版ばかりが目立ちますね、新しいタイトルもあまり見ないし、JAシリーズにはSFでもミステリでもない一般小説が入ってきているようです。経営方針の変更でしょうか?このままだと日本で海外SFが読めるのは創元推理文庫だけになるのではと心配です。

2015年5月18日 (月)

シップブレイカー

Shipbraker_3 シップブレイカー/パオロ・バチガルピ 田中一江訳 2012年早川書房
生きていくためなら死人の指を切り落として指輪を奪うことも辞さない。身を守るためなら父親すら殺す凄惨な世界観に圧倒された。

舞台は石油資源が枯渇した近未来のアメリカ。温室効果による海面の上昇。異常気象によって度々襲ってくる嵐に脅かされながら廃船から資源を回収するシップブレーカーと呼ばれる社会の最底辺に生きる少年ネイラーが主人公である。ネイラーの憧れは遠い沖を行きかう真っ白なクリッパー船に乗ることだった。

ある嵐の後、座礁したクリッパー船を見つけたネイラー達は、船の中を物色しているうちに、全身に貴金属を身につけた少女の遺体を見つけた。指輪を奪うために指を切り落とそうとするが、少女はまだ生きていた。

ニタと名乗る少女は同属企業内で不正な取引をしている伯父に追われる身だった。自分を父親の元に送り届ければ多額の報酬が手に入ると主張、ネイラーは半人トゥールとともに水没したニューオーリンズの上に築かれたオーリンズに向かった。

2015年5月13日 (水)

ただいまセール中 

Tokusyuu_s 傳奇堂ではただいまヴァンパイア特集開催中です、アン・ライスのヴァンパイア・クロニクルからリンドクヴィストのモールスまで長編がそろっています。
1000円以上お買い上げで送料無料なので、まとめ買いがお得です。数に限りがありますので注文はお早めに!

«キャリアーズ

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ